━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

賃貸経営を応援するメールマガジン『HIRO倶楽部通信』

■■ http://www.hiro-web.co.jp/
■■ http://www.hiro-web.co.jp/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2017/7/27(vol.626) ━━

【INDEX】

1.『出生数減少!高齢化・少子化・人口減・・・対策は?
レポート 川並

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

皆様こんにちは。

本日はさいたま支店の川並がお伝えします。

 

今回は、昨年もお伝えしました「出生率」について、改

めてお伝えしたいと思います。

 

昨年、本メルマガにて「2015年の出生率1.46が高水準と

うたわれているが、本当にそうなのか?」といった話を

させて頂きました。詳細や、出生率についてのご説明は

バックナンバーをご確認いただけると幸いです。

 

『孫の同級生の数はあなたの頃の半分になる!?』

http://www.hiro-web.co.jp/magazine/new_maga/9370/

 

さて、2016年の出生率ですが、1.45と前年より0.01ポイ

ント減少となっております。それ以上に報道等も含め

大きく取り上げられているのは、出生数、つまり2016年

に生まれた赤ちゃんの数です。前年の100万5677人から

3万人近くも減少し、97万6979人となり、出生数・率の

統計を取り始めた1988年から見て、初めて100万人を割り

ました。

 

同時に、出生数から死亡数を差し引いた「自然増減数」

は約33万人にもなり、こちらも過去最大の人口減となっ

ております。このまま人口が推移すると2048年には日本

の人口も1憶人を割ると予測されています。

 

高齢少子化も進み、住宅市場(賃貸市場)もそれに合わせ

て変化するため、対策を考える必要があります。

 

この高齢少子化の傾向を受け、昨年から政府が対策

として「三世帯住宅」を推進していることはご存知でし

ょうか?親、子、孫が同居する住宅の建築・リフォーム

に対して補助金がつきます。

 

なぜ政府が三世帯住宅を推進するかというと、それの答え

は「完結出生児数」にあります。これは、「夫婦の最終的

な子どもの数」なのですが、これが夫婦どちらかの親との

距離感で数字が変わってくるのです。下記致します。

 夫婦どちらかの親と
  ・同居・・・2.09人
  ・近居・・・1.99人
  ・別居・・・1.84人

 

以前のメルマガでもお伝えした人工置換水準が2.07ですから、

同居家族は人口減の防止に貢献しているデータとなっています。

 

土地の市場特性にもよりますし、賃貸市場に対して政府がどう

政策をうってくるかにもよるとは思いますが、今後『高齢少子

化』『少子化対策の複数世帯』の二方面に向けて注意しながら

賃貸の計画を考えていく必要が出てきそうですね。

 

最後までお付き合いいただきありがとうございました。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

<記事に関するご意見・ご感想、お問い合わせ>

●お問い合わせフォーム http://www.hiro-web.co.jp/form/contact/

●フリーダイヤル 0120-07-6747

●メールマガジンの登録(無料)はこちら!
http://www.hiro-web.co.jp/form/mail-magazine/

◎『賃貸市場』に関する類似記事はこちら>>

http://www.hiro-web.co.jp/magazine/rental-market/

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社 ヒロ・コーポレーション

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル

TEL: 03-5368-6747 FAX: 03-5361-6687

http://www.hiro-web.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

ヒロ・コーポレーションは、賃貸経営・アパート経営に関するさまざまな問題をオーナー様にかわって解決致します。
オーナー様のアパート、マンションを弊社で一括で借り上げ、賃貸アパート経営における最大のリスクである「空室」リスクをなくし、オーナー様に一定の 家賃収入を保証するサブリース(家賃保証)をご提供いたします。

ページトップへ

株式会社ヒロ・コーポレーション
HIRO Corporation Co., Ltd.

本社

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
[TEL]03-5368-6741 [FAX]03-5368-6742

[業態]
ビル・マンション・アパートの事業委託とサブリース
損害保険の代理店
[宅地建物取引業者免許]
国土交通大臣(2)第7410号

神奈川支店

〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町13-8
ヒロ川崎ビル
[TEL]044-222-8711 [FAX]044-222-8712

さいたま支店

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル2F
[TEL]048-650-6621 [FAX]048-650-6622

総合窓口 アンサー事業部直通ダイヤル
  • お問い合わせ
  • 家賃査定依頼
  • セミナー応募