━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

賃貸経営を応援するメールマガジン『HIRO倶楽部通信』

■■ https://www.hiro-web.co.jp/
■■ https://www.hiro-web.co.jp/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2018/5/17(vol.670) ━━

【INDEX】

1.『新たな用途地域が創設されました
レポート 夏

 

2.賃貸座談会のお知らせ

2018/3/21 『賃貸座談会のお知らせ』
 

元メガバンク支店長 不動産オーナー 菅井 敏之 氏
 元メガバンク支店長 不動産オーナー

 菅井 敏之 氏

 

株式会社クラシヲ 代表取締役 杉浦 雅弘 氏

 株式会社クラシヲ 代表取締役

 杉浦 雅弘 氏

 
 
 

■5月27日()
資産税専門のプロが説く!本当の税務対策

 

詳細はこちら>>

お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120-07-6747
またはお申込みフォームからどうぞ

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

皆さんこんにちは。

本日は夏(ナツ)が担当します。

 

今回は所有している土地を売却する、または新たに賃貸アパート・マンシ

ョンを建てるために土地を購入する際に深く関わってくる用途地域につい

てになります。

 

ご存知かと思われますが、生産緑地法等の改正により4月から都市計画法

上の新たな用途地域が創設されました。

その名は『田園住居地域』といいます。

 

ここでは、改めて

・用途地域の基本

・『田園住居地域』とはどんな用途地域なのか

・どんな規制・制限があるのか

・今後の不動産取引にどう影響するのか

について、まとめていきたいと思います。

 

■用途地域の基本

まずは用途地域の基本からおさらいしてみます。

用途地域とは地域を区分して、建築あるいは建築の規模に制限を加え、住

環境を整えることを目的としています。

(自宅の隣にいきなり深夜営業の飲み屋さんや粉じんや異臭のする工場が

出来たりしないように)

種類は下記のとおりです。

 

・第一種低層住居専用地域

・第二種低層住居専用地域

・第一種中高層住居専用地域

・第二種中高層住居専用地域

・第一種住居地域

・第二種住居地域

・準住居地域

 

・近隣商業地域

・商業地域

 

・準工業地域

・工業地域

・工業専用地域

 

住居系の用途地域が7種、商業系が2種、工業系が3種の合計12種類です。

そして、今回創設された『田園住居地域』は住居の文字が入っております

ので、当然、住居系の用途地域に加わります。

ですので、住居系が8種で合計13種類となったわけです。

 

ちなみに余談ですが、私が用途地域を初めて覚えた際の覚え方としては、

第一種低層住居専用地域が建築の制限が一番厳しく、商業地域まで下に行

くほど徐々に制限が緩くなっていくという覚え方をしていました。

しかし、都市計画法上『田園住居地域』は『準住居地域』と『近隣商業地

域』の間に定められましたので、少しその覚え方の法則が崩れます。

 

なぜでしょうか?

それは、建築規制が低層住居地域ベースとなるからです。

 

■『田園住居地域』とはどんな用途地域なのか

では、『田園住居地域』とはどんな用途地域なのかに触れていきます。

国交省によりますと

 

【課題・背景】

・宅地需要の沈静化・住民の都市農業に対する認識の変化→ 都市農地を

 都市にあるべきものへ

(都市農業振興基本計画)

・マンション等の建設に伴う営農環境悪化の防止

・住居専用地域に農業用施設等は原則として建てられない状況

 

【改正内容】(目的)

住宅と農地が混在し、両者が調和して良好な居住環境と営農環境を形成し

ている地域を、あるべき市街地像として都市計画に位置付け、開発/建築

規制を通じてその実現を図る

   

                      ※国交省資料より

とあります。

 

■どんな規制・制限があるのか

そして、肝心の建築規制・制限ですが、簡略的に挙げますと前述の通り

低層住居専用地域をベースに

容積率:50~200%、建ぺい率:30~60%、

高さ:10or12m、外壁後退:都市計画で指定された数値

となります。

明らかに建築規制・制限は現在の用途地域内では厳しい側になります。

 

■今後の不動産取引にどう影響するのか

弊社でも先月に生産緑地セミナーを行いましたが、2022年の生産緑地指定

解除の際に、生産緑地全体の約8割が指定期限を迎えるといわれております。

 

この件については以前の弊社メルマガでも触れておりますとおり、売却や

有効活用も可能となります。

『どうなる!?生産緑地』
https://www.hiro-web.co.jp/magazine/new_maga/10624/

 

農地の所有者は、高齢化が進んでおり相続税対策等の税金対策として売却等

を検討する可能性が非常に高いです。

場合によっては、いっきに宅地化された生産緑地が不動産市場に流れ込むこ

とになります。

 

生産緑地を残すための具体策のひとつとして創設されたと考える一方で、

政府としては多くの空き家問題等の未解決問題を抱えた市場に対し、短期間

で宅地化された生産緑地が多量に・過剰に流入することを危惧しています。

そして、それをある程度抑制するべく、なにか対策を講じなければならない

という思惑もあったかと思います。

建築規制・制限を携えた『田園住居地域』の創設はその対策の一環でもある

かと思います。

 

用途地域は不動産売買において重要事項説明の説明義務がありますので、

今後の不動産取引において、見落とすことはないかと思いますが、『田園住

居地域』においては思うような賃貸計画ができない可能性があるとご周知い

ただきたく思います。

 

ただ、用途地域を指定する場合は都市計画の変更をしなければなりません。

実際の指定は今回の『田園住居地域』の創設・施行から何年後かになるかと

思いますので、近々でお目にかかることは、なかなかないかと思います。

 

しかし、忘れたころに指定が増えていくことが考えられます。

ご自身の所有地や購入検討地において、よくご確認いただくことをお勧めい

たします。

 

長文となってしまいましたが、最後までお付き合いいただきありがとうござ

いました。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

2.賃貸座談会
『菅井敏之氏による座談会とコンセプト賃貸の紹介』


5月27日( 受付開始12:30~ セミナー開始13:00~
※先着20名様 参加無料 要予約 

  

■第1部 13:10~14:10
講師:元メガバンク支店長 不動産オーナー 菅井敏之氏

 

『菅井敏之氏と一緒に金融機関の融資方針の変化はあるのか?
今後の賃貸経営の流れと共に考える座談会』

 

著書が45万部を突破し、様々なメディアで活躍されている
『菅井敏之氏』に座談会をお願いしました。
参加者様が気になる金融機関の融資方針の変化や
今後の賃貸経営について、様々なご質問にお答え頂きます。
ご質問したい内容がございましたらご予約時にお知らせ下さい。

 

■第2部 14:10~14:50
講師:株式会社クラシヲ 代表取締役 杉浦雅弘氏

 

猫専用のペット可能賃貸を手掛けている『杉浦雅弘氏』に
猫と暮らす賃貸の建て方をご講演頂きます。
昨今犬より猫の飼育が人気ですが、猫は家をボロボロに
してしまうと心配する方が多いです。

 

杉浦氏は内装材と飼育のルールのこだわりにより、大幅に
リスクが解消できる様です。
希少価値の高い猫専用賃貸の知識は、今後の賃貸経営に
必要な力になると思います。

 

■第3部 14:50~15:00
講師:株式会社ヒロ・コーポレーション 主任 門脇輝

 

今回の会場となり、弊社で所有している『キッチン付きレンタル
スペース』fika新宿御苑をご紹介します。
昨年開始したばかりですが、短期間で売り上げが上昇し、
店舗として普通に貸し出すよりメリットを実感しています。
レンタルスペースの運営方法についてお話いたします。

  

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

  

【会場】ヒロビルディング2 B1『fika新宿御苑』 MAP>>
〒160-0004 東京都新宿区新宿1-34-9
東京メトロ丸の内線「新宿御苑前」駅 徒歩3分
東京メトロ丸の内線・都営新宿線「新宿三丁目」駅 徒歩4分

  

セミナー詳細はこちら>>

お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120-07-6747
またはお申込みフォームからどうぞ

  

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

<記事に関するご意見・ご感想、お問い合わせ>

●お問い合わせフォーム https://www.hiro-web.co.jp/form/contact/

●フリーダイヤル 0120-07-6747

●メールマガジンの解除はこちらまでお願いいたします

https://www.hiro-web.co.jp/form/mail-magazine/

◎『法律・条例・制度』に関する類似記事はこちら>>

https://www.hiro-web.co.jp/magazine/law/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社 ヒロ・コーポレーション

 

〒160-0022 東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
TEL: 03-5368-6747 FAX: 03-5361-6687
https://www.hiro-web.co.jp

 

ヒロ・コーポレーションフェイスブック

 ★facebook始めました!★
 @hiroweb.co.jp

 
 
 

★fika新宿御苑/レンタルスペース★
本格キッチン設備の付いた「キッチン付きレンタルスペース」
パーティー・会議・セミナーに是非ご利用下さい!
https://spacemarket.com/spaces/fika_shinjukugyoen/rooms/heo02IyNQJKMZjSx

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

ヒロ・コーポレーションは、賃貸経営・アパート経営に関するさまざまな問題をオーナー様にかわって解決致します。
オーナー様のアパート、マンションを弊社で一括で借り上げ、賃貸アパート経営における最大のリスクである「空室」リスクをなくし、オーナー様に一定の 家賃収入を保証するサブリース(家賃保証)をご提供いたします。

ページトップへ

株式会社ヒロ・コーポレーション
HIRO Corporation Co., Ltd.

本社

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
[TEL]03-5368-6741 [FAX]03-5368-6742

[業態]
ビル・マンション・アパートの事業委託とサブリース
損害保険の代理店
[宅地建物取引業者免許]
国土交通大臣(2)第7410号

神奈川支店

〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町13-8
ヒロ川崎ビル
[TEL]044-222-8711 [FAX]044-222-8712

さいたま支店

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル2F
[TEL]048-650-6621 [FAX]048-650-6622

総合窓口 アンサー事業部直通ダイヤル
  • お問い合わせ
  • 家賃査定依頼
  • セミナー応募