━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 賃貸経営を応援するメールマガジン『HIRO倶楽部通信』
■■  http://www.hiro-web.co.jp/
■■  http://www.hiro-web.co.jp/magazine/
━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2014/7/10(vol.465) ━━
【INDEX】
1.『部屋選びの基準に新たな傾向?
 レポート 黒沼 

2.賃貸経営セミナー告知

◎詳細>> http://www.hiro-web.co.jp/event/693

※東京会場はまもなく定員となります。
どうぞお早目にお申込みください。

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

皆さんこんにちは。本日は黒沼が担当いたします。

 

賃貸住宅で、入居希望者から部屋探しの際に人気がある条件の一つ

に『新築』という条件は外せない条件ではないだろうか?

新婚カップルや新社会人・新入学生といった人生の節目、新たな

スタートを切るのに『まだ誰も入居していない』という条件は長く

仲介営業マンが入居希望者に契約を勧める際に重宝された言葉だと

思う。

 

今でも新築は常に人気ではありますが、部屋探しの際に『新築』や

『築浅』(築2?3年)という築年数を重要視しない動きが仲介の現場

では見られるようだ。

 

【新築(家賃高い)<築10年(割安感)】

紹介されていたのは、城南エリアを得意としている不動産会社への

インタビュー記事でしたが、「単身者・カップル・新婚」に紹介する

築10年前後の物件が不足気味という内容だ。

 

来店する上記の入居希望ターゲットとなるユーザーの意見としては

「室内に関しては、キレイに保たれていればいい」と考える方が多く

家賃が新築時より1割前後安くなっている築10年前後の物件を選ぶ傾向

が高まっているようだ。

また最近では『リノベーションした部屋はありますか?』という声を

聞く機会も増えているようだ。

 

以前はユーザー側から「リノベーション」という言葉を聞くことなど

なかったようだが、中古物件をデザイン性の高い部屋に再生するリノ

ベーションが各メディアで取り上げられるようになり、認知度が高ま

ったのだと推測する事が出来る。

築年数へのこだわりよりも、『オンリーワンのお洒落な部屋に住みたい』

というニーズが徐々に増えているようだ。

 

今回の紹介されていた記事では、都内23区エリアでも特に賃料帯が高い

城南エリアという賃貸激戦区という事もあり、築10年前後の物件でも、現在

新築として供給されている物件と設備面で「バス・トイレ別」「独立洗面台」

「オートロック」「2口コンロ付のシステムキッチン」などが採用されて

いるものも多く、入居者側から見ると大きな差がないのであれば「家賃が

安い方がいい」という意見が反映されている現象と考えられる。

特にメインターゲットとなる20?30代の入居者は、その上の世代よりも節約

意識なども高い人が多い印象があり、より家賃へのコストパフォーマンスを

訴求する傾向が強くなっているようだ。

 

これから新たに賃貸物件の建築を検討されているオーナー様にとっては、

新築プレミアが以前よりも効力を失いつつあるというのは、好ましい傾向では

ないし、建築コストが上昇してきている状況での家賃を含む賃貸条件の設定

も以前よりも難しくなっていくように感じる。

 

逆に築年数は、経過してしまっているけれども建替えするにはまだ早いという

物件を所有しているオーナー様にとっては、好ましい傾向のようにも思える。

但し、冒頭でもお伝えしているように物件の清潔さや標準化してきている設備

面で不足がないという条件をクリアしているという点を抜かして考える事は

難しい。

 

今月の下旬に発行を予定している『HIRO’S METHOD vol.23』では、新築物件や

物件をキレイに保つ改修事例などの記事も掲載しているので是非ご参考にして

いただければ幸いです。

 

今週も最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

2.賃貸経営セミナー告知

 不動産コンサルタント 長谷川 高が教える!!
 『アパート経営の生き残り戦略』

 

先着30名様 要予約 無料個別相談会あり
2014年7月19日(土) ヒロ・コーポレーション本社ビル9階 
2014年7月26日(土) TKP横浜西口カンファレンスセンター

 

13:00?開場・受付

 

※東京会場はまもなく定員となります。
どうぞお早目にお申込みください。

 

 ■第1部■13:30?15:10
  不動産コンサルタント 長谷川 高が教える!!
  『アパート経営の生き残り戦略』
  講師 長谷川 高 氏 (長谷川不動産経済社 代表)     

 

 ■第2部■15:10?
  無料個別相談 

 

不動産マーケットにおける競争は、人口の減少と経済の低迷によりますます激化しています。

今起きている様々な課題に対し、どう立ち向かい、何をなすべきか?

長谷川代表自身も現役の不動産プレイヤーかつ投資家として、評論家ではなく現場と実践に

こだわり続ける一方で、メディアへの出演や執筆、講演活動を通じて、難解な不動産の市況や

不動産の購入・投資術をわかりやすく解説します。

 

セミナー後の無料個別相談会では、空室対策や入居者問題、新築建築相談など

賃貸に関するご相談でしたら何でも承ります。お気軽にご活用ください。

ぜひ皆様のご参加をお待ちしております。

 

◎詳細>> http://www.hiro-web.co.jp/event/693

◎お申込み・お問い合わせ先>>

フリーダイヤル 0120-07-6747

または下記お問合せフォームからどうぞ

http://www.hiro-web.co.jp/form/seminar/

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

<記事に関するご意見・ご感想、お問い合わせ>

●お問い合わせフォーム http://www.hiro-web.co.jp/form/contact/

●フリーダイヤル 0120-07-6747

●メールマガジンの登録(無料)はこちら!
http://www.hiro-web.co.jp/form/mail-magazine/

◎『賃貸市場』に関する類似記事はこちら>>
http://www.hiro-web.co.jp/magazine/rental-market/

●配信解除 http://www.hiro-web.co.jp/form/mail-magazine/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社 ヒロ・コーポレーション

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
TEL: 03-5368-6747
FAX: 03-5361-6687
http://www.hiro-web.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

ヒロ・コーポレーションは、賃貸経営・アパート経営に関するさまざまな問題をオーナー様にかわって解決致します。
オーナー様のアパート、マンションを弊社で一括で借り上げ、賃貸アパート経営における最大のリスクである「空室」リスクをなくし、オーナー様に一定の 家賃収入を保証するサブリース(家賃保証)をご提供いたします。

ページトップへ

株式会社ヒロ・コーポレーション
HIRO Corporation Co., Ltd.

本社

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
[TEL]03-5368-6741 [FAX]03-5368-6742

[業態]
ビル・マンション・アパートの事業委託とサブリース
損害保険の代理店
[宅地建物取引業者免許]
国土交通大臣(2)第7410号

神奈川支店

〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町13-8
ヒロ川崎ビル
[TEL]044-222-8711 [FAX]044-222-8712

さいたま支店

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル2F
[TEL]048-650-6621 [FAX]048-650-6622

総合窓口 アンサー事業部直通ダイヤル
  • お問い合わせ
  • 家賃査定依頼
  • セミナー応募