━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

賃貸経営を応援するメールマガジン『HIRO倶楽部通信』

■■ http://www.hiro-web.co.jp/
■■ http://www.hiro-web.co.jp/magazine/

━━━━━━━━━━━━━━━━━ 2015/4/23(vol.504) ━━

【INDEX】

1.『孤独死の現状とこれから

レポート 門脇

2.『賃貸経営セミナー』開催のお知らせ

2015/4/19 2015/4/25 『史上最低金利での2棟目・3棟目の融資引出術!
』

4月25日(土)神奈川会場 ※残席わずかです。

お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120?07?6747

またはお申込みフォームからどうぞ

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

今回は門脇がお伝えさせていただきます。

 

日本は過去最高の高齢化が進んでいます。

高齢化の現状としては日本の総人口は

平成25(2013)年10月1 日現在、1億2,730万人のうち

65歳以上の高齢者人口は過去最高の3,190万人。

総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は

過去最高の25.1%(出典:内閣府 平成26年版高齢社会白書)に上ります。

 

そんな中、核家族化・離婚問題・地域関係の希薄化等により、

高齢者の『孤独死』が増えています。

孤独死に直接関わってくるのが、単身高齢者で

その現状として平成22年(2010)の実績値で479.1万人、

推測値ですが平成37年(2025)は700.7万人になります。

(出典:内閣府 平成26年版高齢社会白書)

 

東京23区の自宅で死亡した65歳以上の独り暮らしの方は

平成14年(2002)1,364人だったのが、

平成22年(2010)2,913人、平成23年(2011)2,618人、

平成24年(2012)2,727人、平成25年(2013)2,733人(出典:内閣府 平成26年版高齢社会白書)

近年その数字は増加しているのが現状です。

 

賃貸経営においても孤独死が大きな課題となってきています。

多くは入居者が亡くなれば相続人が家財等の処分、清掃などを行いますが、

独居高齢者は身寄りがない、あってもそれを拒否されてしまう、

連帯保証人にも連絡がつかないなどのケースもあります。

 

孤独死の2大問題としての

発見の遅れから室内の損傷。

発見が遅れることによる宅建業法上の

告知義務の発生に伴う長期空室及び賃料の下落。

が挙げられます。

その問題をフォローできる損害保険に注目が集まっています。

保証内容としては原状回復・遺品整理等に係った費用を限度額100万円までの保証。

孤独死があった日から次の入居者が決まるまでの空室期間や家賃の下落を最長12か月限度額200万円保証。

等の損害保険があります。

(弊社でもご案内している保険もございますのでご興味の方はお問い合わせください。)

 

しかし、孤独死が無いにこしたことはありませんし、早期発見が大切です。

何かあった場合を考えたサービスとして

一定時間トイレのドアが開閉しなかった場合に

警備会社に連絡が入るサービスや

室内空間にセンサーを取り付ける人の動きを感知する

サービスもございます。

 

これからの超高齢化社会を迎えるにあたり、

現状では色々な障害がある高齢者の民間アパート・マンションへの

入居というものを見直し高齢者をターゲットとした入居促進も見越し、

高齢者もそして所有者も安心できる孤独死を予防・早期発見につなげるといった

新たな賃貸住宅のあり方を見出す必要があるかもしれません。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

2.賃貸経営セミナー開催のお知らせ

  

『2棟目・3棟目のアパートローン借入交渉術』

[場  所] 4月25日(土)神奈川会場 ※残席わずかです。

[日  時]受付開始13:00? セミナー時間13:30?15:00

参加無料  要予約  定員各30名様

 

【第1部】13:30?15:00

史上最低金利での2棟目・3棟目の融資引出術!

初めてのアパートローン借入交渉術!

講師:菅井 敏之氏

現在37万部突破のベストセラー『お金が貯まるのは、どっち!?』の著者

菅井 敏之氏は元大手金融機関の支店長を経験し、自らも6棟75室の

賃貸大家さんである菅井氏にアパートローンの借入交渉術を講演頂きます。

 

【第2部】15:10?15:40

入居者とオーナー目線の双方から新築アパートと中古リフォームを考える!

講師:?ヒロ・コーポレーション アンサー事業部 次長 野崎 正裕

賃貸管理会社の立場だからこそ築年数が経過した賃貸物件をどう活かすか解説します。

建て替え か リフォームか? ハウスメーカー か 工務店 か 設計事務所か?など

それぞれに合ったケースをご紹介。

ご参加お待ちしております!

 

■賃貸経営セミナー詳細はこちら>>

■お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120?07?6747

またはお申込みフォームからどうぞ

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

<記事に関するご意見・ご感想、お問い合わせ>

●お問い合わせフォーム http://www.hiro-web.co.jp/form/contact/

●フリーダイヤル 0120-07-6747

●メールマガジンの登録(無料)はこちら!
http://www.hiro-web.co.jp/form/mail-magazine/

◎『賃貸市場』に関する類似記事はこちら>>

http://www.hiro-web.co.jp/magazine/rental-market/

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社 ヒロ・コーポレーション

〒160-0004 東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル

TEL: 03-5368-6747 FAX: 03-5361-6687

http://www.hiro-web.co.jp

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

ヒロ・コーポレーションは、賃貸経営・アパート経営に関するさまざまな問題をオーナー様にかわって解決致します。
オーナー様のアパート、マンションを弊社で一括で借り上げ、賃貸アパート経営における最大のリスクである「空室」リスクをなくし、オーナー様に一定の 家賃収入を保証するサブリース(家賃保証)をご提供いたします。

ページトップへ

株式会社ヒロ・コーポレーション
HIRO Corporation Co., Ltd.

本社

〒160-0004
東京都新宿区四谷1-8ヒロ四谷ビル
[TEL]03-5368-6741 [FAX]03-5368-6742

[業態]
ビル・マンション・アパートの事業委託とサブリース
損害保険の代理店
[宅地建物取引業者免許]
国土交通大臣(2)第7410号

神奈川支店

〒210-0024
神奈川県川崎市川崎区日進町13-8
ヒロ川崎ビル
[TEL]044-222-8711 [FAX]044-222-8712

さいたま支店

〒330-0802
埼玉県さいたま市大宮区宮町2-96-1
三井生命大宮宮町ビル2F
[TEL]048-650-6621 [FAX]048-650-6622

総合窓口 アンサー事業部直通ダイヤル
  • お問い合わせ
  • 家賃査定依頼
  • セミナー応募