賃貸経営メールマガジン

賃貸物件の建築中現場を巡るバス見学会のお知らせ

2017/10/27

皆様こんにちは。今回は11月5日(日)に開催する建築中の賃貸住宅現場のバス見学会のご案内です。

 

過去に開催しましたバス見学会は新築完成現場を中心とした見学会でしたが、参加者の方から「建築中の構造を見られた方が良かった」というご意見をアンケートで多数いただいていたこともあり、今回は来春竣工に向けて建築中の現場ばかりを半日で4箇所バスで巡る見学会を開催いたします。

 

新築・建替えで、賃貸アパート・マンションや自宅賃貸併用住宅を具体的に検討し始めた段階で、『構造を何にしたらいいんだろう?』という疑問・悩みのご相談を多く受けます。

 

今回のバス見学会では、代表的な構造の木造・重量鉄骨造・プレキャストコンクリート造・鉄筋コンクリート造と異なる構造の4現場を一度に見学する見学会になっておりますので、現地で各施工会社の担当者から各社の構造や施工方法の特徴などの説明を聞いて、比較検討の参考にしていただきたいと思っております。

 

今回の見学会で管理会社目線で見たポイントは ↓↓↓

 

【フォーカス1】鉄筋コンクリート造(RC造) 4階建

3階建の高さ(10m以下)なのに入居者の快適性を損なわず実現した4階建の秘密?!

半地下でもなく、天井高も必要な高さを確保した上で、1層分の収益をUPした秘密を現場でご覧ください!

 

【フォーカス2】プレキャスト鉄筋コンクリート造(PC造) 2階建

退去理由の上位にくる音のトラブルも高い遮音性で起きづらく、一般的なRC造よりも工期短縮と品質の均一化が可能な施工方法に注目して下さい。

 

【フォーカス3】木造 3階建

専有面積20平米未満で入居者を逃さない為に、優先するべきポイントとは!!

建築条件を最大限に利用し、活かす設計のポイントや現在の一般的な「1K」よりも小さめの部屋を計画する際に『入居者を逃さない』為に「何を」優先して間取りや設備を決めていく事が重要なのか?

 

【フォーカス4】重量鉄骨造 5階建(賃貸併用住宅)

土地の能力を最大活用!1mmピッチでの設計が実現!!

敷地形状に合わせた変形の建物も設計可能!!ご自宅も賃貸住宅もオーナー様の希望を満たす賃貸併用マンションとは?

 

新築や建替えを具体的に検討している方はもちろん、賃貸経営に興味がある方も、この機会に異なる構造を見学して、今後のご計画の参考にしていただきたいと思っております。

またバス見学会終了後の個別相談会では、見学会のご相談以外にも賃貸経営に関するご相談を承っておりますので、事前予約の際に是非一緒にお申込み下さい。

 

皆様のご来場をスタッフ一同心よりお待ちしております。

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

※建築中の為、工事の進捗状況により、ご案内物件に変更が生じる場合がございます。

詳細はこちら>>

お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120-07-6747
またはお申込みフォームからどうぞ

 

PICK UP
全カテゴリー注目NO1

TOP