賃貸経営メールマガジン

買う?借りる?住みたい街!&賃貸経営セミナーのお知らせ

地域
2016/3/17

皆さんこんにちは。 本日はさいたま支店の川並がお伝えします。

 

ご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、2016年2月5日に株式会社ネクストが『2016年首都圏版「買って住みたい街」「借りて住みたい街」ランキング』を発表しました。ランキングトップ10は下記の通り。

 

[順位]  買って住みたい街(駅) / 借りて住みたい街(駅)
1位   吉祥寺           吉祥寺
2位   横浜            恵比寿
3位   恵比寿           横浜
4位   品川            中目黒
5位   武蔵小杉          武蔵小杉
6位   池袋            新宿
7位   二子玉川          自由が丘
8位   荻窪            中野
9位   新宿            品川
10位   鎌倉            鎌倉

 

第一位は、買って住みたい街,借りて住みたい街共に「JR中央線ほか吉祥寺駅」。今回二冠達成したこの「吉祥寺」。実は昨年の買って住みたい街でも1位を獲得しています(借りて住みたい街は3位)。その理由としては、ご想像の通り「アクセスの良さ」や「街自体の利便性」など挙げられているのですが、今年は少し変わった意見が多く聞かれているようです。それは「人気の街だから」や「昨年の住みたい街1位だから」など。今や、毎年ランキング上位で見かける吉祥寺の「人気」そのものこそが、その吉祥寺の求心力となっているようです。

 

買って住みたい街3位,借りて住みたい街2位の「恵比寿」は、昨年のそれぞれ19位,12位から急浮上しました。「恵比寿に住むことが1つのステータス」として人気を上げているようです。来年以降、吉祥寺と恵比寿のトップ争いに注目です。 居住エリアとして元々人気の高い「横浜」は順当にトップ3入り。

 

そんな中、特に着目していきたいのが「借りて住みたい街」の顔ぶれです。「買って住みたい街」ではランキング外の「中野」「下北沢(14位)」「高円寺(17位)」など、学生や若者の好むエリアが顔を見せます。

 

また、11位の「大宮(昨年18位)」や19位の「川口(昨年ランク外)」など、埼玉エリアの人気の上昇も気になります。どちらも、買って住みたい街にもランクインされています。特に大宮駅は14路線が乗り入れる埼玉県最大のターミナル駅であり、道路交通の面でも首都高速に乗れば都心へのアクセスも良好。さらに、買い物や飲食、レジャー等様々な施設も揃っており、近年右肩上がりで人気を高めています。来年のトップ10入りに期待されます。

 

磐石の人気を見せる街、人気が高まる街、人気が無くなる街・・・。

賃貸経営において街の人気は大事な問題です。 新たに土地からの計画をご検討のオーナー様は、この様な街の人気ランキングにも注目して参考にしていくと良いかもしれませんね。

 

最後までお付き合い頂きありがとうございました。

 

 

TOP