賃貸経営メールマガジン

コインランドリーの需要が伸びているワケとは?

投資
2016/7/14

こんにちは。本日は黒沼が担当いたします。

 

一人暮らしであっても洗濯機があるのが当たり前になった時代にも係らず意外にもコインランドリーが年々増加傾向にあり、利用者層や需要も変化し広がっているようです。

 

以前のコインランドリーのイメージとしては、洗濯機を持たないや置く場所がない賃貸に住んでいる独身層が利用しているといった感じだと思います。

現在の需要拡大の要因としては、女性客の利用増加が大きな要因の一つと言われています。

 

布団や毛布など家の洗濯機では洗えないものを洗ったり、洗濯物が多い時には家庭用の洗濯機では何回かに分けて洗濯する所を一度に出来て、洗濯時間中に買い物などの他の用事も済ます事が出来、家事の時間を短縮する目的であったり、最近のように梅雨時期には乾燥機のみの利用等でも使用頻度が上がっているようです。また業務用の乾燥機では、乾燥する時の温度が高く、ダニやカビを確実に駆除できるといった理由で利用する人もいるようです。

 

また店舗も最近では「女性専用」の店舗があったり、インターネットを利用して洗濯機の利用状況がわかったり、洗濯終了時間が近づくとメールで通知してくれるなどのサービスも導入している機器・店舗もあるようです。

そういった利便性の向上が利用者拡大につながっていると思われます。

 

厚生労働省によると全国のコインランドリーの店舗数もこうした背景から年々増加傾向にあり、2005年に13,746軒であったのに対し、2013年には16,693軒に増加しており、毎年5%前後は今後も増加していくだろうと言われています。また増加した他の理由には、投資目的としてコインランドリー経営を始めたという方も多くいると思われます。

 

一時は廃れたと思われていたサービスもライフスタイルの変化やサービスの提供方法を変える事で、従来の需要とは違う新しい需要を掘り起こした良い例だなと感じました。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

PICK UP
全カテゴリー注目NO1

TOP