賃貸経営メールマガジン

12月5日(土)、6日(日)助成金を利用した新築アパート内覧会のお知らせ

2015/12/1

皆様こんにちは。本日は野崎がメルマガを担当します。

本日は区の助成金を利用して建築した新築アパート内覧会をご紹介します。

 

12月5日(土)10:00?16:30
12月6日(日)10:00?16:30

 

住所:品川区豊町2?5?19
交通:東急大井町線『下神明』駅より徒歩5分
東急大井町線『戸越公園』駅より徒歩7分
構造:軽量鉄骨造 3階建て
間取り:23.21?から 1K × 9世帯
完成:2015年12月1日
名称:Villa戸越

 

戸越公園や戸越小学校や大崎高等学校が広域避難場所になっております。

この避難場所周辺の『不燃化促進区域』で耐火建築を建てる方と『不燃化促進重点区域』で準耐火建築物を建てる方は建築費の一部として助成金が受けられます。

 

例えば、160?170?の床面積を耐火建築物で建築した場合の助成金は315万2千円です。

品川区では他に池上通りや滝王子通りが不燃化促進区域とされています。

また、老朽住宅が密集している密集住宅市街地整備促進事業では建替え助成がされていたりと皆様の計画地におきましても区の助成があるかもしれませんので、是非ご確認ください。

 

※助成金期限は平成28年3月までの建物登記となっております。
期限終了直前に来年度も延長になるか終了するか決定すると思います。

 

さて、今回ご案内する『Villa戸越』は、品川区の制度を利用し解体費が全額助成され、建築費の一部として助成金を利用して建築した賃貸アパートです。

 

一番のお勧めは共用部の温度センサー付換気扇です。Villa戸越は人気のオートロックになっており、共用廊下や共用階段は雨ざらしにならない様に外壁や窓で囲まれている屋内式です。

 

共用部が汚れず、玄関を出てからオートロックドアを出るまで濡れる事がないので、とても便利なのですが、問題は換気です。夏に共用部の窓を閉めると熱がこもってしまうので、入居者が窓を開け換気をしたまま全員外出し、雨が降ると共用部に雨が入ってきてしまいます。そこで考えられたのが温度センサー付き換気扇の採用です。例えば30度以上になると換気する様に設定すれば、窓を開けなくてもよいので、突然の雨でも安心です。

 

そしてオーナーがこだわったのがお風呂です。1Kでは珍しい追い焚き機能を採用しました。周辺には1Kの供給数が多いので、他物件との競合は避けられないですが、追い焚き機能付きの単身者タイプを探そうとすると難しいと思います。

周辺物件との差別化としてはインパクトがあると思います。

もちろん浴室乾燥機もあります。

 

9世帯全てを南に配置し、日当たりも良好です。南側には東急大井町線の線路がありますが、窓を閉めると気にならない電車の通過音でした。

やはり、単身者タイプであっても日当たりは大事だと思います。

 

桜が咲く時期には、物件目の前の戸越公園の桜が満開になり、よりVilla戸越を魅力的に演出することでしょう。

 

設備も充実しておりますので、ご都合がよろしければ、是非5日、6日にお越し頂きご覧ください。

駐車場も1台分ございますので、お車のお越しでも大丈夫です。

皆様のご来場を心よりお待ちしております。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございました。

 

 

TOP