賃貸経営メールマガジン

物件情報流通の変化!

トレンド
2015/12/3

こんにちわ。本日は黒沼が担当いたします。

 

IT技術の発達と端末の普及により、あらゆる分野・業界で物・人の流通やサービスに変化が急速に進んでいます。

 

それは賃貸業界でも例外ではありません。

 

募集中の物件情報をどのように入居希望者であるエンドユーザーに届けるか?

また、どのようにターゲット層に見てもらえるようにするか?は多くの物件をお預かりしている我々管理会社やオーナー様方であれば一番の関心事であり、最も苦労するところでしょう。

 

仲介会社にしても、いかに自社の掲載物件を見てもらうか?いかにして自社店舗に来社、申込をしてもらうか?集客には非常に苦労しているようです。

 

今回、不動産の無人検索機「スタッフレスボックス」を開発した日本エイジェントは商業施設や不動産会社を中心に設置していた検索機を愛媛県内のコンビニエンスストア『サークルKサンクス』2店舗に設置し運営を開始しました。

今後は松山市内を中心に順次設置箇所を増やしていく予定です。

 

『スタッフレスショップ』は、タッチパネル方式で物件検索が出来る無人店舗でスマートフォンで物件資料を持って帰ることも出来ます。勿論、利用料金は無料です。

 

今回のコラボレーション、業務提携には不動産会社の持つ情報力とコンビニエンスストアが持つ集客力を互いに活かし、仮想店舗と実店舗をミックスした新しい営業チャンネル、流通形態の構築を目指しているようです。端末では不動産情報検索の他に新商品の紹介やサークルKの求人情報といったサークルKオリジナルコンテンツの発信もしているようです。

 

確かに以前から、都内の店舗でも1Fは利用者がファイルに入っている物件情報を自由に見る事が出来て、申込や募集図面では分からない部分の問い合わせをしたい人だけが、2Fにあるカウンターへ行くといった具合に初めの入口部分では接客をしないで、必要な人だけに接客サービスを行う店舗はありました。

 

他のアパレルや家電等でも、店員の接客や営業が苦手で、もっぱら買い物はネットショッピングでする人というのも増えているので、今回のような店舗や情報サービスの提供は今後、都市部でも増えていくかも知れません。

 

我々はどのような媒体・ルートが効果的に機能するのか、常に新しい流通の形態も注視し、対策をとっていく事が必要だと感じました。

 

最後までお読みいただきありがとうございました。

 

 

PICK UP
全カテゴリー注目NO1

TOP