賃貸経営メールマガジン

人気の設備ランキング2015を考察する&賃貸経営セミナーのお知らせ

住宅設備
2015/11/5

皆様こんにちは。本日は和田がお伝えします。

 

今年も全国賃貸新聞のアンケートによる入居者に人気の設備ランキングが発表されました。

今回は、ランキングを単身者とファミリー向けに加えて、男性と女性、「家賃が高くても決まる」「部屋探しの時に必要と考える設備」「なければ入居決まらない設備」などに分けてアンケート調査されています。

 

特に注目すべきは前回から大きく順位を上げた設備や前回ランク外からトップ10入りした設備でしょう。

「部屋探しの時に必要と考える設備」の単身者向けで、前回ランク外から9位にランクインした宅配BOXは、ネット通販の利用者が急増したことにより需要が高まっています。

また、宅配業者を装った不審者の侵入を防ぐという防犯面での効果も人気のようです。

 

そして、大変興味深いのが単身女性のランキングです。

 

「なければ入居が決まらない設備」単身女性

 

1位 TVモニター付きインターフォン

2位 独立洗面台

3位 エントランスのオートロック

4位 洗浄機能付き便座

5位 2口ガスコンロ

 

「あれば家賃が高くても入居が決まる設備」単身女性

 

1位 エントランスのオートロック

2位 インターネット無料

3位 ホームセキュリティ

4位 ウォークインクローゼット

5位 防犯カメラ

 

ランキングは5位までしか掲載されていませんが、なんと防犯設備が「なければ入居が決まらない設備」では2つ、「あれば家賃が高くても入居が決まる設備」では3つもランクインしています。

いかに単身女性にとって、防犯設備が重要であるかがわかる結果です。

以前までは差別化を図るためであった防犯設備ですが、もはや単身女性にとっては部屋探しの必須条件になりつつあるようです。

やはり入居者ニーズを的確に把握し、物件に取り入れることが空室をなくし、賃料下落を抑える1番の近道ではないでしょうか。

 

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

TOP