賃貸経営メールマガジン

築30年からの賃貸経営?

2009/2/27
賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

1.【築30年からの賃貸経営?】

皆様こんにちは。
今週は野崎がお伝えいたします。

今週もお付き合いよろしくお願いいたします。

繁忙期真っ盛りな時期になりました。この不況が与える繁忙期の影響を不安に思っておりましたが、入居希望者の問い合わせは例年並に多く、ほっとしております。しかしながら、全体的に賃料に割安感のある物件に人気が集まっているように感じます。

さて、賃貸経営で避けられない問題が物件の老朽化です。建物の築年数の浅い内は良いですが、築年数が経過すると建物の傷みや設備が古くなってしまいます。更にはその時その時で間取りに流行がありますから、入居者ニーズに合わなくなってしまいがちです。

よくオーナー様から『築20年以上経過したら、どの位賃料が下がりますか?』と、ご質問を受けます。

しかしながら、20、30年近く経過した賃貸物件は手を入れてあげる事で、新築まではいかなくても物件の価値を上げ、賃料を上昇させる事ができます。

そこで、築年数が経過した賃貸物件のリノベーション成功事例をご紹介します。

今回のご紹介は西武池袋線『石神井公園』駅より徒歩7分の【松栄マンション】です。昭和46年築のマンションで24戸あります。

入居者が退去された部屋より、リノベーション工事を行い、現在11戸がリノベーション済みです。

※リノベーション変更間取り

こちらの物件の面白いところは部屋ごとに床材の材質や色を変えています。

3階は高級感のある濃い色の床材を使用し、3階に比べ日当たりが悪くなる1階はお部屋が明るい印象を入居者に与えられるように、ホワイトカラーを採用しています。ちなみに2階はナチュラルなカラーです。

 

リノベーションをするごとに、一工夫、二工夫して、色々な事を試しながら工事をしているで、初期に工事したお部屋よりも最近工事をしたお部屋の方が素敵になっています。(初期は洗面台がなかった脱衣スペースもトイレと一体化にする事より、洗面台のスペースが可能になりました。)

 

12/26に退去されたお部屋のリノベーション工事が1/31に終了しましたが、2/21に入居者が入居されました。

周辺の仲介業者に【松栄マンション】が退去される事をお知らせすると、『また、リノベーションするんですね。お客様を案内すると決まりやすいので、工事が終了したら教えて下さい』と喜んでいただけます。

仲介業者の間で有名な物件になりました。

こんな不景気な時代だからこそ、新築よりも割安な価格帯で入居できるリニューアル物件が人気なんだと思います。

現在空室で困られている方がいらっしゃいましたら、お問い合わせ下さい。

もしかしたら、お金をかけてリニューアルしなくても、お部屋が汚れているなど、簡単な理由で決まらないのかもしれませんよ。

最後まで、お付き合いいただきありがとうございます。

TOP