賃貸経営メールマガジン

入居者募集事情

トレンド
2009/2/6
賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

皆さんこんにちは。今回は横浜支店の秋山が昨今の入居者募集事情について書いていきたいと思います。

賃貸経営をするにあたり、オーナー様からみて入居者は当然『お客様』にあたります。
そのお客様に自分の物件がどのように広告されているのかを知ることは非常に重要なことになります。一昔前までは雑誌や貼り紙が主流でした。
不動産仲介業者の窓には紹介物件が隙間無く貼られていて、店舗内を見ることが出来ない、という光景をみなさんもご覧になったことがあるかと思います。

しかし、今は違います。インターネットの普及によって住みたいエリアの仲介業者に足を運び、何件もお店を回る必要はありません。朝でも夜でも時間のある時に多数ある賃貸サイトを見ることができます。
つまり、お客様は住みたい部屋を決めてからお店に足を運ぶのです。

店舗展開しているような大手仲介業者であれば自社ウェブサイトでも十分な告知がリアルタイムで可能です。もちろん弊社も例外ではありません。

入居者は無数にある賃貸物件の中から、自分の条件に合う物件を探します。
1Kなのか1Rなのか、収納重視なのか、IHが条件なのか・・・などです。
賃貸サイトをご覧になれば分かりますが、1Rと1Kは別のカテゴリになります。
専有面積が同じでも、1K希望のお客様が1Rのチェックボックスにチェックすることはありません。

つまり、選考の段階で審査落ちになってしまうのです。
これは1つの例えですが、このような項目が多数あるのはみなさんご存知だと思います。

入居者のニーズは時代と共に変化します。常にアンテナを張り巡らせておく必要があります。もちろん弊社はそんな悩めるオーナー様のために
ご相談窓口があります。

最近どんな間取りが人気なのかな?空室が気になるな・・・
と疑問をお持ちでしたら、お気軽にご相談ください。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。
 

TOP