賃貸経営メールマガジン

空室対策?(室内編)

トレンド
2008/5/31
賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

1.【空室対策?(室内編)】

 

皆さんこんにちわ。今週は黒沼が担当します。

 

前回のメルマガ.【空室対策?(共用部分編)】をお送りしましたが、今週は入居者の方が内見でアパート・マンションに訪れた際に一番最初に目に付き、物件の第一印象を左右する室内・専有部分のチェックポイントを見ていきましょう!

 

◆◇チェック項目は概ね以下のような内容を確認してみて下さい◇◆

 

A.玄関ドア・鍵
入口の部分で最初に目に入る場所なので、きれいにしておくのは勿論ですが、鍵は防犯性の高いタイプに切り替えてあるか?ダブルロック(上下2箇所)になっているか?など防犯に対して、配慮している事が大切です。

 

B.室内の臭い
空室期間が長くなったり、これからの梅雨時などは特に要注意です。
定期的に換気して、カビくさい臭いなどが、こもらないように注意が必要です。入って直ぐに臭うようでは、絶対に決まらないでしょう。
収納部分も同様に換気して下さい。
また、芳香剤を玄関に置いてみるのも、好感度アップに繋がると思います。

 

C.排水口の臭い
室内の臭いの原因の一つにもなる水周り(台所シンク・洗面台・トイレ・風呂場)の排水口から、臭いが上がってこないように定期的に水を流しておきましょう。長期空室になっていると、配水管の水が蒸発してしまい臭気が上がってきてしまいます。

 

D.害虫対策
時期にもよりますが空室が続くと、室内で害虫が死んでちらばっていることなどがあります。また、先程の排水口の配水管がカラカラの状態だと、そこから害虫が侵入する事もあり、悪印象になるので注意が必要です。

 

☆今週も最後までお付き合いいただき有難うございました。

 

 

TOP