賃貸経営メールマガジン

空室対策?

トレンド
2008/4/11
賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

1.【空室対策?】

皆さんこんにちわ。今週は黒沼が担当します。

前回のメルマガ.【空室対策?(中古物件募集編)】をお送りしましたが、皆様の物件の入居状況はどうでしょうか?

繁忙期中に満室になった方、ならなかった方、今月に入ってから空室が出てしまった方・・・状況は様々だと思いますが、条件の見直しや仲介業者・管理会社にもお願いはしてるけど・・・「なかなか入居が決まらない」と頭を抱えているオーナーさんも多いのではないでしょうか?

今週は、入居者の方が内見でアパート・マンションに訪れた際に一番最初に目に付き、物件の第一印象を左右する共用部分のチェックポイントを見ていきましょう!

◆◇チェック項目は概ね以下のような内容を確認してみて下さい◇◆

A.ゴミ置場
汚れやすい場所だけに、いつも清潔にしておきたい場所ですね。
駅や繁華街に近い場所だと、入居者以外の通行人からの投げ捨てゴミも少なくないですが、清潔に保たれている場所には投げ捨てしづらいものです。
汚れていたり、分別出来ていなくて置いていかれたゴミがあったり、指定日以外に出されたゴミがあると、あっという間に不法投棄の場所になってしまうので、気をつけて下さい。
また、分別や指定日がわかるようにポスターや看板をつけるなどした方がいいかもしれません。

B.駐輪場
乱雑になりがちなので、気がついた際に並べ替えたり、きちんと置くように注意を促す掲示を貼るなどの対応をしてみて下さい。

C.廊下・階段
ゴミが散らかっているのは問題外ですが、角にホコリが溜まりやすいので注意が必要です。又、共用廊下に私物を放置している入居者には注意を呼びかけ、早急に撤去してもらうようにして下さい。

D.玄関・エントランス
いつもキレイにしておくのは勿論ですが、照明などが切れていないか確認して下さい。

E.集合ポスト
郵便物やチラシが散らかっているのはNGです。ゴミ箱などを設置して散らからないようにするか、自室に持ち帰って、他の可燃ごみと捨ててもらうように促すポスターなどを設置してみてはいかがでしょうか?

F.建物の外回り、植栽
不法投棄のゴミが放置されないように、定期的に見回り、ゴミ捨てを行った方が、良いと思います。植栽は死角にならないように適切な頻度で剪定を行って下さい。

*次回は「チェックポイント室内編」をお送りいたします。

☆今週も最後までお付き合いいただき有難うございました。

 

TOP