賃貸経営メールマガジン

質より量~写真の多さがポイントに~

入居者募集住宅設備トレンド
2019/2/7

まず始めに全国賃貸住宅新聞より毎年発表されている「入居者に人気の設備ランキング」の2018年版の結果が先月公表されていましたので、挙げさせて頂きます。

 

↓単身者向けのランキングになります。

 

↓こちらはファミリー向けのランキングです。

 

2016年~2018年の3年間のランキングとなっていますが、単身・ファミリーいずれも3年連続で「インターネット無料」が1位となっています。スマートフォンの普及によりどの世代においても大きな決め手の1つとなっているようです。

 

不動産情報サイト事業者連絡協議会調べによると、賃貸物件を探す際にスマートフォンを利用して検索する人の割合が92%(2018年)と、2017年の75%から大幅に上昇しています。従来のパソコンを利用して...の人の割合は全体的に下がっているようです。

 

スマートフォンの普及率が大幅に上がり、すべての世代においてスマートフォンの利用率は60%を超えていると言われていますので納得の結果と言えますし、今後も
スマートフォンを利用して、という人が増えてくるでしょう。

 

それを裏付けるように、不動産会社を選ぶ際のポイントで2017年まではランク外であった「部屋の雰囲気がわかる動画」がランクインしており、どこにいても片手で操作できるスマートフォンの便利さがこの結果に繋がっていると考えられます。

 

また、お部屋の動画を見るのは「気に入った物件のみ」という人の割合が59.5%、「全物件の動画を見た」は11.6%、12.1%の割合が「動画を見ただけで契約をできる」と回答しており、インターネット社会の加速化を感じられる結果になっています。

 

その中でもインターネットで賃貸物件を検索した後に実際に問合わせや訪問をする不動産会社を選ぶ際のポイントとして、「写真の掲載数が多い」が79.9%でトップとなっているようです。特にポイントとなるものにおいても「写真の掲載数が多い」がトップとなっています。しかしながら、「写真の見栄えがよい」は23.7%となっており、写真の見栄えより掲載数、質より量を重視する傾向にあるようです。

 

今回このようにランキングという形でご紹介をさせて頂きましたが、結果の通り今やインターネット無料が必要不可欠の設備となってきています。さらに、前述の通りスマートフォンを利用する時代となっていますので、あらかじめルーターが設置された、「Wi-Fi無料」が求められてきていると感じられます。

 

ランキングに載っている設備以外にも多々設備はございますので、新築計画・既存物件問わず何か迷われた際には、数多くのお部屋をお預かりさせて頂いている弊社が間取りやエリア、立地の特性から的確なアドバイスをさせて頂きます。

 

その他にも賃貸に関するご相談がございましたら
お気軽にご相談ください。

PICK UP
全カテゴリー注目NO1

RECOMMEND
オススメ記事

TOP