賃貸経営メールマガジン

LED照明

ECO(エコ)
2010/11/25
賃貸経営・アパート経営ならヒロ・コーポレーション

皆さんこんにちは。今週は阿部が担当いたします。

eco”、進化してます!!

今や自動車にも家電にも食材にも取り入れられているエコ。

エコという言葉を見聞きしない日はないくらい、世間を賑わせています。

そして住宅にもエコは導入され、戸建住宅や分譲マンションだけでなく、賃貸物件にも少しずつ浸透してきています。

住宅でのエコといえば、太陽光発電やエコキュートが主流となっています。

そんな中で経済面、環境面、多機能面が支持され、注目を集めているLED

蛍光灯や白熱灯に比べて高価な商品(LED電球1個あたり1万円以上)が多かったためオフィスや商業施設などでの活用が主だったLEDですが、シャープが従来の半額以下の4000円前後で販売を開始したのを皮切りに、法人だけでなく個人にも普及が広がってきました。

そして地球にやさしいエコ賃貸と称して、共用部・専有部ともにLED照明を配した賃貸物件が登場し、最近脚光を浴びています。

実際、LED電球にはどんなメリットがあるのでしょうか。

キーワードは4つ。

?長寿命
?省エネ
?すぐに点灯する
?環境に配慮

もう少し詳しく説明すると、

?LEDの寿命は長く、蛍光灯の約4倍、白熱灯の約40倍に相当します。

長寿命により電球交換の手間が軽減されると共に、資源の有効活用へ繋がります。

?LED照明は、低い消費電力で従来の照明と同水準の明るさを実現します。

?すぐに点く。つまり、立ち上がりが早い。

スイッチを入れて明るくなるまでのタイムラグがありません。

?環境に有害な水銀を含みません。さらに、消費電力が少ないので、CO2排出も少なくて済みます。

ということになります。

消費電力も低減し、さらにCO2削減効果も見込まれているLED照明。

省エネルギー効果も高く、経済効率性も良いLED照明は、賃貸物件の入居者が負担する電気代の軽減にもつながっています。

通常よりも少しだけイニシャルコスト(初期費用)はかかりますが、その分ランニングコスト(電気代、電球代、電球交換費用)は、通常よりかかりません!!

みなさんも、まずは共用廊下や共用部の外灯からLED電球の採用を検討し、エコ賃貸で環境にちょっとイイコト、始めてみませんか?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

 

TOP