賃貸経営メールマガジン

公示地価を診る。【2019年】&賃貸経営セミナー『建て替え時に!知ってトクする、立ち退き交渉と賃貸トラブル解決法』

不動産市況トレンド
2019/4/25

先日、2019年の地価公示価格の発表がありました。

 

公示地価とは、国土交通省が毎年3月に公表する1月1日時点の全国の土地価格。不動産鑑定士が評価し、学識経験者らでつくる同省の土地鑑定委員会が適正な地価を公表する。一般の土地取引や公共事業用地の取得の際に価格の指標となる。

(日経記事抜粋)

 

賃貸経営と密接な関係にある公示地価、毎年発表を待っている方も少なくないのではないでしょうか。

2019年の公示地価では三大都市圏以外の地方圏でも住宅地が平成4年以来27年ぶりに上昇に転じるなど、全国的に地価の回復傾向が広がっています。

中でも毎回注目される、公示地価の第1位は「銀座4-5-6」の「山野楽器」の土地が今年も高く、『坪単価:18909.1万円』驚異的な数字です。

毎年この金額には驚かされます。

 

今回は弊社が取り扱う一都三県のエリアに関して、公示地価における推移をみていきたいと思います。

※国土交通省『平成31年度地価公示の概要』参照

 

まず、東京23区部全域の平均変動率は7.9%となりました。

上昇率が最も高かったのは、11.0%の台東区で、9.7%の江東区、9.4%の荒川区がこれに続いています。

この上昇率から、城東エリアが活発に動いているのが読み取れます。中心部の高騰により比較的安価であり、交通の便が良い城東エリアが再注目されたのではないでしょうか。

昨年オープンした、弊社の城東支店開設の理由の一つに千葉・城東エリアの管理物件の増加を目指しており、まさに注目地域であると思われます。

 

 

多摩地区全域の平均変動率は2.4%となりました。上昇率が最も高かったのは、6.9%の武蔵野市で、5.3%の立川市、4.6%の小金井市がこれに続いています。

多摩地域では駅から近い場所が上昇率の大きい傾向が顕著に表れていました。

特にJR中央線『三鷹駅~立川駅』間は以前から人気のエリアではありますが、今回の上昇率からもより需要が高まっていることが読み取れます。

 

全国の地価動向は、上昇傾向にあると言えるでしょう。

平成31年度は全国的に見て、前年度比がプラスに転じております。

  

東京都を中心に一都三県に関しても上昇しておりますが、次は県ごとに見ていきましょう。

(地価公示・地価調査(基準地価)マップ.2019)

平成30年のものと比べ、今回は、福岡・宮城・北海道といった、地方都市の水準が上昇してきています。

一都三県は特段平成30年と大きく変わらないことが読み取れます。

 

・平成20年度比の地価指数

(地価公示・地価調査(基準地価)マップ.2019)

一時的に上昇していた平成20年度と比べても、一都三県はその水準をあまり落としておりません。

 

全国的に地価が上昇している中でも、一都三県に関しては、一定の水準を保ちやすいと考えられるのではないでしょうか。実際に上昇率ランキングでも、一都三県は上位に挙がってきておりません。その為、土地値の変動が大きくなく、一定の資産価値が保たれる可能性が高いと考えられるのではないでしょうか。

 

我々が一都三県で取り扱っているのは、不動産としての価値が今後も見込めるエリアというのも一つの理由です。安定して不動産価値が得られる一都三県のエリアが投資対象エリアといて適していると考えられるのではないでしょうか。

 

賃貸経営において地価の変動は大事な問題です。 新たに土地からの計画をご検討のオーナー様は、当年の地価だけでなく過去からの地価の推移にも注目して参考にしていくと良いかしれません。

 

その上で、その計画の事業性があるのかも見極めていくことが大切です。

 

アンサー事業部 長崎 峻大

 

■□■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━■□■

 

賃貸経営イベント情報

 

≪参加無料≫

賃貸経営セミナー『知ってトクする、立ち退き交渉と賃貸トラブル解決法』

 

《5月25日()開催》先着30名様 ※参加無料 要予約

受付開始12:30 セミナー開始13:00

 

■第一部 13:30~13:45/■第二部 13:55~14:40/■無料個別相談会 14:50~

 

章 司法書士事務所 代表司法書士 太田垣 章子氏

『すべての大家さんが知っておくべき!立ち退き対策と賃貸トラブル解決法』

 

ここ数年、空き家問題や老朽化した建物の増加で耐震補強の必要性がクローズアップされておりますが、実際のところ耐震補強では地震の際の倒壊を防ぐに足りず、建替えの必要性が強まっております。

特に賃貸物件の建替えをするときに直面する可能性が高い『立ち退き』についてですが、様々な時代背景から複雑化しており、建替えができなくなるほどの事例が散見されます。

そこで今回は、建替えが今すぐではなく将来的な場合でも、立ち退き問題を含めた思いもよらない賃貸トラブル全般の予防・解決法を2,200件以上の賃貸トラブル案件を解決に導いた認定司法書士の『太田垣 章子』先生に徹底的に解説して頂きます。

通常のセミナー形式では聞けない「本音」を聞ける充実したお時間になるかと思いますので、ぜひご参加ください。

 

■『認定司法書士の太田垣 章子先生による無料個別相談会/14:50~』

賃貸経営全般にわたり、太田垣先生もしくは弊社スタッフが個別相談を承ります。事前のご予約の上、この機会を是非ご利用ください。

 

【会場】

船橋ツインビルRental会議室

〒273-0005 千葉県船橋市本町7-7-1船橋ツインビル(イトーヨーカ堂船橋店内)西館6F

JR総武線・東武野田線・『船橋』駅 徒歩3分/京成線『京成船橋』駅 徒歩4分

地図 詳細はこちら>>

 

お申込み・お問合せ先>>フリーダイヤル:0120-07-6747

またはお申込みフォームからどうぞ

PICK UP
全カテゴリー注目NO1

RECOMMEND
オススメ記事

TOP