賃貸経営メールマガジン

1階に人気が集まる賃貸を建てる!!

トレンド
2014/10/9

皆様こんにちは。本日は野崎がメルマガを担当します。

 

羽田空港の新線『蒲蒲線』の開業が2020年の東京オリンピックに間に合わないと発表がありました。新国立競技場の解体も入札やり直しで着工が遅れますが、『蒲蒲線』の遅れは外国人旅客の影響だけでなく、賃貸市場にも影響があるかもしれません。

 

さて、本日は2階の8世帯よりも1階の8世帯の決まりが早かった全16世帯2階建て賃貸の『ピニエール石神井公園』についてお伝えします。

 

通常の賃貸は2階以上から入居者が決まり、1階世帯が最後まで残ってしまうケースが多いです。特に女性は圧倒的に『2階以上』を希望し、賃貸ポータルサイトには『2階以上』を絞り込めるアイコンがあります。

 

本物件の1階世帯の魅力は考えられた様々な工夫から成り立ちますので、ご紹介します。

 

 

?同一空間で書斎(多目的)スペースとベッドスペースを確保

 

【下段】
基礎部分まで床を下げ、高さ1.45mの多目的スペース
簡易デスクを備え、椅子を用意すれば書斎として利用できます。
仕事も勉強も思いのままに社会人でも学生さんでも嬉しい設備です。
入り口の可動棚は本棚になっているのもありがたいです。
裏手にはハンガーパイプがあり、ジャケットなども掛けておけます。

【上段】
高さ1.05mのベッドルーム
ベッドルームまで上がる階段は2段の化粧棚になります。
はしごを使わないので、安心して上り下りができます。
階段には本などの収納や飾りたい物を置いておく事ができます。

 

?TVボード&大型収納棚
TVボードは天井までの収納棚になっています。
天井付近の収納はエアコンが収納されていますので、とてもスッキリし
て、お洒落です。
収納棚は蓋付きとオープンに分かれているので、見せる収納と隠す収納
は入居者の使い方次第でお洒落に演出できます。

 

?女性が2階以上を選ぶ理由に防犯が関係していると思います。
2階も含めセコムの導入と外構でオートロックを導入していますので、
女性入居者にも安心して頂けます。

 

はしごを利用する『ロフト』は居室の天井が3m以上になり解放感がメリットとなりますが、はしごを上り下りする面倒さにデメリットを感じる入居者が多いです。

一方で『ピニエール石神井公園』は居室の高さは通常のお部屋と変わりません。

建物高さが高くなるわけではないので、一種低層住居地域でも可能です。

 

2階は床を一部落とす事ができないので、通常の賃貸にしましたら1階世帯が早く決まり、入居者案内をしてくれた仲介会社も『入居者の印象に残る』1階世帯を案内したいという声が多かったです。

これから賃貸を建築される参考にして頂ければと思います。

 

最後までお付き合い頂き、ありがとうございます。

 

 

TOP